ライター失敗談「安易に案件を受けて徹夜で作業した話」

今朝、依頼されていた案件を2件徹夜で執筆して納品したんですが、マジで死ぬかと思った!

老体にはもう徹夜なんてキツすぎるって実感しました。

若い時はオールナイトでネット仲間とチャットを楽しんでいたんですけどね、やっぱ徹夜すると身にしみて確実に老化している(涙

スポンサーサイト

案件見て「マジかーーー!」って思った。

で、どうして徹夜になってしまったのかと言えば、私が安易過ぎたって言うのが理由です。

急ぎの依頼を受けて「これなら余裕の良し子ちゃん♪」なんて思って2件も受けてしまったのが、なんと1記事12,000文字×2件!?

でも、受けてしまった以上はなんとしてもやり遂げたい。

「とりあえず1案件書き上げて、間に合わなそうだったらクライアントさんに相談してみよう」と思って始めたんだけど、書いているうちに「1案件がギリギリで2案件は無理だ」って思ったので、早めにクライアントさんに連絡しました。

納期の1時間前にやっと1案件・・・どう考えても2案件は無理。

納期に遅れるなんて初めてだったので、「叱られるかな・・・」って思ったけど、意外と快く「朝9時までに納品してくれればいいですよ」と言ってもらえて首の皮が一枚つながった感じ。

でも、朝9時って言われても、少しは寝ないといけないので、せめて朝4時までには終わらせて2時間は寝たい。

そんな思いで、お風呂にも入らず、キッチンの片付けもせず、黙々と仕事をして2案件を執筆して寝たのが3時半!

もう最後の方になったら、目は霞んで見えないし、頭も働かなくて記事もめちゃめちゃで「あなたどこの国の人?」って自分で自分に問いたいくらい。

とりあえず、日本語が変でも書き上げて、寝て起きてスッキリした頭で校正をすれば良いやと思って3時間くらい寝て、起きてから1時間くらいで記事を修正して8時半くらいになんとか納品!

でも、死にそうになったけど、24,000文字以上を10時間くらいで書き上げた自分を褒めてあげたい。

今まで、最高で13,000文字っていうのを書いたことあるけど、3日以上かけて書いて「しんどかった」って思っていたけど、今回はそれ以上にしんどかった。

でも、これくらい普通に出来るのがプロのライターなのかもね。

私は納期をのばしてもらってなんとか納品出来たけど、他にも同じ案件受けてる人いるはずだから、その人たちはきっと昨日の納期に間に合わせたんだろうなって思う。

今回、何が一番辛かったって納期が短かったこと。

最初の納期は5時間後・・・確かに単価も良かったけどね。

でも、単価に目がくらんで身体がボロボロになるのは、今後は避けなきゃって思った。

自分もしんどいし、お風呂はいる時間もなかったし、仕事から帰ってきた夫ともほとんど会話してないし、愛犬もかまってあげてない・・・これじゃ、何の為に仕事してるのか分からないもんね。

やっぱり私には納期を長めにしてくれるクライアントさんの方が長くやっていけるって思った。

あと、色々なクライアントさんと関わってわかったけど、単価が1.5円以上になるとかなり校正も厳しくて、真っ赤に修正されて戻ってくる・・・あれって、結構凹むよ(^^;

単価が良い(1.5円~)けど精神的にきついクライアントさんと、単価は低め(0.7円~)だけど自由に書かせてくれるクライアントさん、どっちが良いかと聞かれてば後者かな?

でも、たまには厳しいクライアントさんの仕事もしたいかな、でも納期が短いのはもう止めようと今回心に決めました。

今朝、お風呂に入ったら急に眠くなってきた(^^
手元に仕事がないわけじゃないけど納期は2日後なので、ちょっと寝ようかな。

というわけで、納期の短い案件を受ける時は気をつけましょう!

スポンサーサイト