バルセロナからコロニア・グエルへ その1「Colonia Guell」の街

コロニア・グエルには、ユネスコ世界遺産にも登録されている、ガウディの最高傑作と言われる永遠に未完の建築「コロニア・グエル教会」があります。

ガウディがエウゼビ・グエイに1898年に建設を依頼されたものの、独自の研究に10年もの時間がかかってしまい、その後、依頼者グエイ氏の体調が悪化し、後継者に意志を託したけど後継者はグエイ氏ほどが建設に積極的ではなかった為、ガウディが建設を中止し、そのまま未完の教会になりました。

その後、ガウディは誰もが知る世界遺産でもあるサグラダ・ファミリアを建てましたが、その原型ともなったのがコロニア・グエル教会です。サグラダ・ファミリアと比べると素朴で荒削りではあるけど、ガウディらしい繊細な素晴らしい建築物です!

バルセロナでサグラダ・ファミリアを見たら(見る前でも、見た後でも)セットで見て欲しいガウディ建築です。

コロニア・グエルまでは、バルセロナのエスパーニャから鉄道で乗り換え無しで30分ほど行けますが、かなり空いていてゆっくり見ることが出来ますよ。

ガウディ建築なのに、バルセロナからちょっと離れていることや、コロニア・グエルに行くツアーも少ないので、ほとんど観光客が居ないのでしょうね。ちょっと寂しい気もしますが、ある意味穴場だと思いますよ。

スポンサーサイト

バルセロナ市内からコロニア・グエルまでの行き方

コロニア・グエルまでは、スペイン広場がある「エスパーニャ駅」から、カタルーニャ鉄道に乗って行きます。

なんと、列車の中にトイレも付いていました!

コロニア・グエル駅は、エスパーニャ駅から2ゾーンなので、地下鉄の券(10回券・回数券)では行けませんが、前の駅で降りて歩くなら1ゾーンなので使えます。

でも、初めて行くなら、迷わず行けるコロニア・グエル駅まで行くことをおすすめします。

エスパーニャ駅で切符を買うと、コロニア・グエル教会の入場チケットや、音声ガイドのチケットも一緒に買うことが出来ます。

インフォメーションセンターで英語(あるいはスペイン語で)会話をするのが不安なら、ここで買っておくと良いかもしれません。

コロニア・グエル駅からコロニア・グエルまでの道のり

コロニア・グエルの駅から、コロニア・グエルのインフォメーションセンターまでは徒歩で10分弱かかります。

駅から街までは、ほとんど何も無いところを歩いて行きますが、地面にこのように足跡が描かれているので、これをたどっていけば迷わずインフォメーションセンターに行けます。

これって、観光客に親切ですね!これがないと、きっと迷う人も居るでしょう。

足跡をたどっていくと、こんな街に到着!タイムスリップしたような感覚になります。

インフォメーションセンターで、音声ガイドをレンタルして、リーフレットを貰います。

音声ガイドを借りる時、パスポートを預けなければなりませんが、グループの1人が持っていればOKです。パスポートは、音声ガイドを返却して返して貰います。

トイレは、インフォメーションセンターの真向かいにあります。恐らく、コロニア・グエルで(コロニア・グエル教会含め)トイレを使えるのはここだけなので、済ませておいたほうが良いですよ。

インフォメーションセンターには、ちょっとした資料やお土産なども販売していました。

コロニア・グエルの街を散策してみよう!

コロニア・グエルの街は、グエル伯爵が自分の所有する工場の従業員のための作ったもので、学校や修道院や文化的施設を建設しました。

中世風の素敵な街ですが、どこも同じ感じで、だんだん飽きてくるかも・・・でも、タイムスリップしたような不思議な感じになります。

リーフレットの順路を歩いていくと、ガウディ建築のコロニア・グエル教会に行きます。

結局、教会は未完になってしまいましたが、完成していたら、きっとサグラダファミリアのような素晴らしい教会になっていたでしょう。

疲れたら公園で休むのもおすすめ

疲れたらレストランに入ってコーヒーやお酒を飲むのもいいですが、市民公園があって、そこでのんびりするのもおすすめですよ!

それほど大きな公園ではありませんが、木が多くて、ベンチもあって、心地よい風が通る、とても素敵な公園です。

私は、バッグにおやつとジュースを持っていったので、そこで風に吹かれながら、ちょっとピクニック気分を味わいました。

コロニア・グエルにあるレストラン

コロニア・グエルの街にあるレストランを紹介します。

英語は通じずスペイン語でのみの対応のお店が多いので、言葉に不安がある方はスマホに翻訳アプリなどを入れておくと安心です。

Restaurant Capritx

コロニア・グエル教会を出てすぐ角にあります。

内装の壁がガウディ風で20席ほどの小ぢんまりとしたレストランで、13ユーロで食べれるランチメニューが美味しいと評判です。

英語は通じないようで、スペイン語のみでの対応になりますが、とても親切で感じの良いレストランと評判も高いようです。

Bar Sport

ColoniaGüellの市営公園のすぐ横にあり、天気の良い日はテラス席でお酒を飲んだり食事が出来ます。

公園が見渡せるので、子供を公園で遊ばせながら親はお酒!なんて言うのもありです。

英語は通じずスペイン語だけの対応ですが、とてもフレンドリーで感じの良いバルのようで、ポテトなどのタパスメニューが人気です。

Bar Restaurant Ateneu Unió

古いカジノのような内装のバルで、食事もお酒もリーズナブルです。

英語通じずスペイン語での対応ですが、スタッフは親切にメニューの説明してくれるようです。

普段はあまりメニューが無いようですが、土曜日に正午に行くと、メニューも多いようです.

コロニア・グエルに行くときの注意点

コロニア・グエルに行くときは、歩きやすい靴で行きましょう!街の散策や、教会までの散策路は意外と歩きます。

夏に行くときは、炎天下を歩くことになるので、暑さ対策なども必要です。

小さな子供と行くときは、ベビーカーがあると歩き疲れたら乗せたり出来るのであると良いでしょう。コロニア・グエルの街には、お店などはインフォメーションセンターの中以外は無かったと思います(私は見かけませんでした)。

あと、コロニア・グエルの街で生活している人もいるので、マナーは守って観光してくださいね。

コロニア・グエルの営業時間

コロニア・グエルのインフォメーションセンターの営業時間は、夏時間と冬時間では違います。
オーディオガイドをレンタルする場合、時間内に返却しなければなりませんので、パスポートを預けている方は、時間に遅れないように気をつけてくださいね。

休業日/ 1月1日、1月6日、聖週間の聖金曜日(移動祝日)、12月25日、12月26日

夏時間(5月1日~10月31日)

月曜日~金曜日 10:00~19:00
土・日・祝 10:00~15:00

冬時間(11月1日~4月30日)

月曜日~金曜日 10:00~17:00
土・日・祝 10:00~15:00

見学料

教会入場料 8.5ユーロ
オーディオガイド付き入場料(日本語あり) 9.5ユーロ
教会入場料とオーディオガイド付き見学 (日本語あり) 10ユーロ
コロニア・グエルのオーディオガイド付き見学(日本語あり) 10ユーロ
教会入場料とコロニア・グエルのガイド付き見学(日本語あり) 12ユーロ

コロニア・グエルの駅からコロニア・グエルの街までのアクセス

地図を見て歩くよりも、地面に描かれているインフォメーションセンターまで描かれている足跡をたどって行くほうが間違いなくたどり着けますよ。

スポンサーサイト