バルセロナからコロニア・グエルへ その2「コロニア・グエル地下教会」

コロニア・グエルに行く人の殆どの目的は、ガウディ建築の「コロニア・グエル地下教会」です。

ガウディ建築で有名なサグラダファミリアは2026年に完成予定ですが、コロニア・グエル教会は永遠に未完のままです。

でも、サグラダ・ファミリアの元になった建築物だけあって、本当に素晴らしいので、バルセロナに行ったらコロニア・グエルまで足をのばしてみてくださいね。

スポンサーサイト

コロニア・グエルの街からコロニア・グエル地下教会までの行き方

リーフレットに地図が載ってるので、それに沿って歩くのもいいですが、こんな風に表示されているので迷うことは無いと思います。

でも、並木道を歩く時間が意外と長く「本当にこの道で大丈夫?」と思うかもしれませんが、のどかな雰囲気で、バルセロナから行くと時間の流れが違う感じさえします。


※こんな道案内看板があれば、大丈夫!道に迷ってませんよ~

ずっと歩くと、いかにもガウディ!って感じの建物が見えてきます!結構、興奮しますよ。

コロニア・グエル地下教会

※ガウディ建築なのに、嘘みたいに人がいません。

この柱は、グエル公園のトンネルをちょっと連想しませんか?
まるで、植物のような、虫のような形です。この柱は、重たい石の塔を支えるため、硬質の玄武岩が使用されているそうです。

壁には、ガウディ建築の特徴でもあるモザイクが埋め込まれ、ステンドグラスの入った窓は、外から見ても中から見ても、とっても素敵です!

サグラダア・ミリアもそうですが、ガウディの建築は全てガウディの計算によって建てられているので、こういうステンドグラスの光の入り方とか、それによって出来るコントラストも、きっと計算に入っているんでしょうね。

ガウディがデザインした椅子

ガウディが椅子のデザインを手がけているってご存知ですか?

コロニア・グエル教会にあるこの椅子は、ガウディがデザインしたもので、今もミサの時に信者の方たちが座っているもので、もちろん観光客も座ることができます。

この椅子、デザインもお洒落ですが、絶妙なカーブや掘られた部分がいい感じで身体にマッチして、座り心地もとても良いですよ。

細部にも細かい細工がされている

サグラダ・ファミリアを見た人ならわかると思いますが、ガウディ建築の素晴らしさは細部まで繊細に細工がされていることです。

コロニア・グエル教会も、やっぱりガウディ建築!中もこんな感じで、細部も美しい細工にきっと感度することでしょう。

屋外の未完成の部分

屋外(屋上)は、こんな感じで未完成です。完成していたら、きっとサグラダ・ファミリアのような素晴らしい建築物になっていたのでしょうね。

サグラダア・ファミリアのように、何年(何十年?何百年?)先でもいいから完成して欲しいような、でも未完成のままの方がロマンがあるような、複雑な気持ちになりますね。

営業時間や入館料は、こちらのページで紹介しています!
バルセロナからコロニア・グエルへ その1「Colonia Guell」の街

コロニア・グエル地下教会の見どころ まとめ

コロニア・グエル地下教会の見どころは、なんと言っても若かりし頃のガウディの建築物だということ。

バルセロナに行ったら、誰もが行くサグラダ・ファミリアを作るその原型となったのがコロニア・グエル教会で、荒削りながらも、ガウディらしい彫刻やモザイクなど、細部の美しさには感動しますよ。

バルセロナからは1時間くらいで行けるので、是非行ってみてほしいです。

サグラダ・ファミリアとはまた違ったガウディ建築が、とにかく空いていて、ゆっくりと観ることができるのも、凄くおすすめです。

コロニア・グエルの街を散策するのも、ちょっとタイムスリップしたみたいで楽しいですよ。

スポンサーサイト